草島たかよし式サイン競馬 2017菊花賞



台風の影響で、最悪の馬場になりそうです。
こんな時は全く予想外?な展開もあるかもしれませんね。
枠順のチェックで目のとまったところを。
ステイゴールド産駒が4頭 2番3番5番6番で1枠2枠3枠の3つに配置された。
ハーツクライ産駒は7番11番18番に。
池江厩舎も8番11番16番の3頭出し。
3番抽選出走馬
8番サトノアーサー
9番クリノヤマトノオーのトノの接触があって、
11番にもサトノクロニクルのトノ
10番唯一のマル外
12番ミッキースワロー
13番キセキの3文字目のキの接触。
キセキは最少3文字
最終レースとの比較では
菊花賞
9番幸、10番岩田、11番福永   15番武豊、16番ルメール
12R
8番岩田、9番幸、10番福永    2番ルメール、3番武豊
の共通性がある。
昨年の菊花賞
2番鮫島厩舎
3番ルメール (1着)
外人騎手には鬼門の菊花賞でやっとルメールが優勝。
今年は
17番(裏2番)鮫島厩舎
16番(裏3番)ルメールと昨年の枠順をひっくり返しただけ。
前日富士Sで8枠で連対のルメールには大きくマイナスなのではないかと…
それでも来ちゃったら仕方ありません。
11番福永は昨年も11番レインボーで2着なので?だったが、
先週秋華賞でも11番。でもこちらは馬券にならず。
他でも、
昨年菊花賞
18番川田 1番岩田 2番幸
今年は
8番川田 9番幸 10番岩田がある。
秋華賞
1番横山典弘 菊沢厩舎(1人気・着外)
2番角居厩舎      だったが、
今週も
12番横山典弘 菊沢厩舎
13番角居厩舎
どちらかは使うのではないでしょうか?
あとは、
9番幸英明 10番藤原英昭のヒデアキの同居。
17番プラチナヴォイス
18番マイスタイルのイスの接触
18番シイヒロフミ
1番シバタヨシトミのミシの接触も気になるところ。
◎ →
〇 15番ダンビュライト
▲ 10番ベストアプローチ
△ 8番サトノアーサー
△ 13番キセキ
△ 1番プレスジャーニー
としておきます。
まあ、もっと下位が来ても不思議のない日かもしれません。
◎→〇▲、〇→▲から買ってみます。

草島たかよし式サイン競馬 2017秋華賞



ソウルスターリングの路線変更で、面白い秋華賞になりそうです。
その分、難しい選択になるかもしれません。
オッズも堅めに収まるか荒れ気味なのか判断の難しいところです。
ポイントになりそうな部分は
1番アエロリット
2番ラビットラン
のット
5番カワダユウガ
6番マツワカフウマ
7番タケユタカ
8番カワキタエンカ
のカタカナ接触の連続と語尾のカ
9番ハローユニコーン
10番タガノヴェローナ
のロー
7枠13〜15番の4文字目のトの連続接触
16番ファンディーナ
17番ポールヴァンドール
18番カリビアンゴールド
のアンの連続接触
その他にも5番ブラックスビーチの唯一の抽選出走馬
キャロットファームの3頭出しなど。
土曜日府中牝馬S
4番デムーロ
5番角居勝彦
秋華賞
4番デムーロ
5番角居勝彦
と同一部分があり、馬券にならなかった。
昨年の秋華賞
2番デムーロ
3番川田将雅 (2着)
今年は
4番デムーロ
5番川田将雅と揃っているので、
この4番5番はどちらかは来るかもしれませんね。
など、色々ありますが、
僕の本命は
◎ →
2番手以下は悩みますが、
〇 16番ファンディーナ
▲ 7番リスグラシュー
☆ 4番モズカッチャン
穴があいたときの
△ 17番ポールヴァンドール
△ 5番ブラックスビーチ
を押さえる。
追記
ゾロ目決着にも注意必要。

結果
1着 14番ディアドラ   3人気
2着▲7番リスグラシュー  4人気
3着☆4番モズカッチャン  5人気
素直に出馬表の案内に従えば、モズカッチャンかリスグラシューを
軸にすべきだっただろう。
でも、◎ラビットランを買おうと前から決めていたので、仕方ない。
前2走の走りを見たら、どうしてもこの馬が買いたいと思ってしまった。
非情に徹しきれない、ただの一競馬ファンなのだ。
結果は期待したが4着……一歩足りなかった。
ブラックスビーチの唯一の抽選馬出走は、
隣の4番だけでなく、対角の14番も教えていた。

草島たかよし式サイン競馬 2017毎日王冠



今日は比較的暖かい札幌です。
毎日王冠をやろうかどうか迷いましたが、
また再開後途切れてしまいそうなので、予想してみます。
ソウルスターリングが一本被りに近い状態で、
配当的にどうかと思いますが、馬券にはなりそうと考えます。
しかし、絶対信頼軸と言えるかどうか…
とはいえ、上位人気で決まりそうですね。

◎ →
〇 8番リアルスティール
▲ 2番マカヒキ
☆ 1番ソウルスターリング
で遊んでみます♪
単複◎ 馬連◎→〇▲☆ ワイド◎→〇▲
3連複◎→〇▲☆

結果
1着 〇8番リアルスティール
2着  12番サトノアラジン
3着  7番グレーターロンドン
◎アストラエンブレムはスタート直後の出遅れで終了。

草島たかよし式サイン競馬 2017スプリンターズS



お久しぶりでした。
また、G1の季節がやってきました。
今年の夏休みは色々と忙しい思いをしていたので、
例年以上に競馬に接する機会が少なく、いざ再開してみると、
春のG1はどこをどう見て戦っていたのか思い出すのにも苦労しました(笑)
未だに思い出せません(^-^;
先週は運良く、個人的には的中スタートでしたが、
ブログ再開した今週はいきなりのG1戦。
まあ、お手柔らかにお願いします。
スプリンターズSはいつもセントウルS組とキーンランドC組が大切になるのですが、
今年はキーンランド上位勢が不出走。
必然的セントウルS上位は大切でしょう。
しかし、人気はそれ以外からの2頭、昨年覇者レッドファルクスと
春の高松宮記念覇者セイウンコウセイとなっています。
まずセイウンコウセイですが、同枠に三浦【コウセイ】が配置され、
3〜5番の2段目のイの連続接触があり、騎手もミユキとミウラにもなっており、
買わなければならないでしょう。
注目したのは、4枠と〇枠。
4枠は人気2頭でも前後のレースから中心視したいところだが、
軸は〇枠から。
◎ →
〇 8番レッドファルクス
▲ 7番ダイアナヘイロー
△ 3番セイウンコウセイ
× 11番モンドキャンノ
◎の単複、枠連or馬連◎〇から。
3連も2頭軸で。

結果
1着〇8番レッドファルクス   1人気
2着 2番レッツゴードンキ   5人気
3着 6番ワンスインナムーン  7人気
◎ダンスディレクター8着…(^-^;
ダンスではなくてワンスの方でした。
レッドは来るだろうとは思ったが、ギャンブルしてしまった。
単勝320円、複勝140円で満足すべきだった。
4枠と8枠と思ったのは前後のレースから。
8枠はクロスの枠ガードと12Rの独立、
ヤマのトライアングルがあった。
4枠は
10R
7番【ミルファーム】  スギハ【ラマ】コト
8番【ミルファーム】  松岡マサ【ミ】
12R
7番松岡マサ【ミ】   マ】イネルバサ【ラ
8番柴田ヨシト【ミ】
松岡のクロスとミの共通で大丈夫だと思った。
欲を出したのが間違いでした。

草島たかよし式サイン競馬 2017宝塚記念


サイン競馬ランキング

全国的に雨のようです。
メンバー的にキタサンブラックが断トツの人気は
仕方ないでしょう。
キタサンブラックがゴール前歩くとしたら、
この雨のせいかもしれません。
その時、期待なのは、
この馬
◎ →
〇 5番シュヴァルグラン
▲ 10番キタサンブラック
△ 8番ミッキークイーン
ここまでにしておきます。
6枠が来たら仕方ないとあきらめます。
複勝◎ 枠連or馬連◎→〇▲△ ワイド◎→〇△
3連複◎→〇▲△ 
3連単ならキタサン1着固定の方がいいかも。

結果
1着◎11番サトノクラウン  3人気
2着 2番ゴールドアクター  5人気
3着△8番ミッキークイーン  4人気
単勝11番 900円 複勝11番 480円 ワイド8番11番 1,170円 的中♪
ワイド2番11番1,500円も買っているのはご愛嬌で(笑)
レースはスタートからいつもと違った展開に。
シュヴァルグランが先頭に立ち、キタサンブラックは控える驚きの流れ。
4コーナーでキタサンは先頭にと思われたがズルズルと後退。
ずっとキタサンをマークしていたサトノクラウンが外を回って1着に。
内をついたゴールドアクターが2着という波乱の結果に(^-^)
キタサンブラックが9着に沈んでくれたおかげで、複勝、ワイドとも配当が好配当に。
7枠8番ミッキークイーン
7枠9番ヒットザターゲット カワダ

1枠1番ミッキーロケット  ワダ
2枠2番ゴールドアクター
共通性は2着3着のゴールドアクター、ミッキークイーンを
教えてくれたばかりでなく、
1着枠の8枠の強力ガードになっているということ。
11番サトノクラウン ミルコデムーロ
1番ミッキーロケットのーロの接触と
12R11番レガーロで必勝パターンになっている。
そればかりでなく、8枠2頭の誕生日は全く一緒の異様な枠だった。
いつも普通にやっていることをいつも通りに見れば、簡単な馬券だったが、
キタサンを完全に見限れない心が弱い。
普通にやれば、3連馬券も難しくはなかっただろう。
さて、春のG1シーズンも終わり、秋まで時間もあるので、
ブログも夏休みにします。
毎週、予想するのは正直疲れますので、更新はたまにとします。

  

草島たかよし式サイン競馬 2017ユニコーンS・函館SS


サイン競馬ランキング

本日は気温も上がり、夏が近づいて来た感じの北海道です。
昨日から函館競馬も始まり、夏競馬が始動(^-^)
函館SS
ここ数年は大荒れになっていますが、今年はどうでしょう?
◎ 12番セイウンコウセイ
〇 10番シュウジ
▲ 8番ジューヌエコール
△ 7番エイシンブルズアイ
△ 4番エポワス
ただ、素直に買っても面白くないので、
12番7番→10番8番4番 3連複3点
複勝7番
ユニコーンS
◎ →
〇 2番ハルクンノテソーロ
▲ 13番ウォーターマーズ
複勝◎ ワイド◎→〇▲2点で遊ぶ。

結果
函館SS
1着▲8番ジューヌエコール 3人気
2着 3番キングハート   4人気
3着△4番エポワス     7人気
1人気も2人気も来ないようなレースになるとは思わなかった。
ジューヌエコールが3人気というのも予想外。
ジューヌは2頭しかいない9文字馬名にガードされているし、
キングハートは独立事項の隣で接触やガードも良く、
ここから買うのも良かったかもしれない。
前後の共通項がストレート過ぎるのが気に入らなかったが…
3着エポワスは前後の岩田の斜めのガードから。
ユニコーンS
1着◎8番サンライズノヴァ  2人気
2着〇2番ハルクンノテソーロ 5人気
3着 15番サンライズノア   3人気
複勝8番 170円 枠連1−4 1,880円(1点)
ワイド2番8番 930円 的中♪
4枠は7番8番のノウの同居ばかりでなく、4枠を挟む6番9番がトラ馬名でもあり、
疑いようがない。
後のレースにも戸崎が乗っていて、サン馬名ならここから。
1人気のリエノがダメなら、ハルクンと考えるのは自然。
2番ヒロノブで3番マナブの騎手の語尾が接触。
前のRは唯一半濁点、後は唯一の9文字なら、1点で大丈夫かと。
安全策の枠連・ワイドでも、1点2点なら良い配当だった。

草島たかよし式サイン競馬 2017エプソムC


サイン競馬ランキング

札幌は5月末から、週末はずっと雨模様。
日曜なのに、散歩にも行けず、身体がなまった状態が続いています(^-^;
G1も先週で一旦お休み。
今日は東京でエプソムC、阪神ではマーメイドS。
来週からは函館競馬も始まりますね。
エプソムC
比較的、落ち着いたレースで、上位人気で決まることが多いですが、
今年もそれほど荒れそうにはありません。
でも、チョイ荒れを狙ってみましょう。
◎ →
〇 14番タイセイサミット
▲ 10番アストラルエンブレム
△ 6番デンコウアンジュ
△ 18番ナスノセイカン
マーメイドS
こちらは、
3番プリメラアスール   酒井学  鈴木孝志
4番クインズミラーグロ  幸英明  和田正道
5番トーセンビクトリー  武豊   角居勝彦
前後のRの接触も良く、
◎クインズミラーグロ
で良いと思う。

結果
簡単に済ませます。
マーメイドS
1着 10番マキシマムドパリ  3人気
2着◎4番クインズミラーグロ 2人気
3着 1番アースライズ    6人気
複勝 4番160円 的中
11番に4文字が独立。
10番と11番は3文字目の接触。
9番と11番の2文字目がガードで10番が1着
3番半濁点の頭文字が独立。
3番4番は7文字目が接触。
4番5番はスミの接触があり、
こちらの方が良いと思ったが、2着だった。
エプソムカップ
1着 12番ダッシングブレイズ 5人気
2着▲10番アストラエンブレム 1人気
3着 7番マイネルハニー    6人気
軸をヒストリカルとして失敗。
11番の4文字が独立。
その両サイドで1、2着。
両頭ともに10Rと同馬番で同一騎手(デムーロ、浜中俊)なのがポイントだったのかも。
3着マイネルハニーは
6番が唯一牝馬で、
8番は5文字騎手が独立していた。

草島たかよし式サイン競馬 2017安田記念


サイン競馬ランキング

今日は寒い1日になりそうな札幌です。
懐も寒くならないように注意したい(笑)
安田記念ですね。
ダービーが終わると、途端に気が抜けてしまいます。
錦織に世界卓球と目の離せないイベントもあり、
出走表に集中出来ませんでした(^-^;
ポイントになりそうな部分は、
1番石橋脩が唯一3文字
2番馬名の語尾の促音が独立
3番4番、シャの同居
5番12番に外国馬
5番は昨年と同馬番
6番7番ーロの接触
10番岩田はダービーと同馬番
16番馬名の語尾の半濁点が独立など
この中から、どうしても買っておきたい1頭
前日メインの枠順、前後の共通項などから、出来過ぎなくらい揃っていて、
買わないと後悔する。
◎ →
相手は、人気の差が後の方までほとんどなく、穴目が来ても全く不思議はないと思います。
かといって、イスラボニータが来ないという訳でもなさそうで、選択に苦労しそうなので、
◎の単複をメインに、
連勝は穴目のワイドを少々
〇 16番ロゴタイプ
▲ 11番ブラックスピネル
△ 12番ビューティーオンリー
△ 5番コンテントメント
ワイド◎→〇▲△
3連を買うなら人気上位
15番6番4番あたりも必要とは思う。

結果
1着 14番サトノアラジン
2着〇16番ロゴタイプ
3着△6番レッドファルクス
◎ステファノスは伸び切れず、7着敗退…
安田記念
16番(裏3番)ロゴタイプ    田辺
18番     ステファノス   戸崎
1番      トーキングドラム 石橋
土曜東京メイン麦秋S
14番(裏3番)プリサイスエース 田辺
15番     ゴールドスーク  戸崎
16番(裏1番)リュクサンブール 石橋
土曜メインでここが全く使われなかったことで、
最初はロゴタイプだと思った。
石橋戸崎の並びの共通性は田辺への布石だろうと思ったが…
11R
15番イ】スラボニー【タ
16番ロゴ【タイ】プ
17番ヤングマンパワー      星野寿【市】 
10R
2番(16番)タケデン【タイ】ガー 武【市】康男
12R
16番   ゴールドリーガル   高【市】圭二
8枠自体前後のRガードが凄い。
10R2番武市     12R16番高市
10R3番柴田 高市  12R1番柴田
10R4番武藤ミヤビ  12R2番アドマイヤピンク
僕の場合は広告その他は考慮に入れず、出走表だけにヒントを探すので、
昨年の安田記念や先週のダービーの枠順とも比較してみると同一部分が何か所か出てくる。
昨年と同番に入ったコンテントメント。
ダービーとは岩田騎手の位置。
その両方が8枠を指し示していると思えた。
まあ、そこで最終的な軸選択を間違えてしまいましたが…(^-^;
前後のミヤビとアドマイヤピンクのヤピのガードと左右の多重ガードのある
ステファノスを選択してしまった。
コンテントメントの位置を考えたら、やっぱりロゴタイプが正解でしたね。
昨年の安田記念と同一部分を探すと
3枠デムーロ
4枠武豊
7枠イスラボニータとルメール
5番コンテントメント
結果論で言えば、8枠が決まっているのなら、
残りはこの共通部分に流せば良かった。
枠連8枠→3、4、7の3点でGETできたレースということになる。
1着の7枠も前後で見れば、7枠が良いことが分かる。
10R13番斉藤タカシ  12R13番武豊
10R14番吉田豊    12R14番久保田タカシ
10R1番石川      12R15番石橋
タカシと豊のクロスのガードがある。
ただ、サトノなのか、イスラなのかの選択は正直難しかった。

草島たかよし式サイン競馬 2017東京優駿


サイン競馬ランキング

ダービーの日がやって来ましたが、今日もパッとしない天気の札幌です。
週中に過去のダービーの成績をあげ、優先出走権のある枠と書きましたが、
7頭見事にバラバラ、7つの枠にされてしまいました。
優先権のないのは2枠のみです。
やはりというか、なかなか難しいダービーとなってしまいました。
皐月賞の枠順と同一な部分が3ヶ所。
皐月賞1枠1番マイスタイル、2番スワーブリチャード
ダービー3番マイスタイル、4番スワーヴリチャード
皐月賞4番カデナ、5番レイデオロ
ダービー12番レイデオロ、13番カデナ
皐月賞17番ウインブライト、
ダービー17番ウインブライト
いずれかは、使うのではないかと思います。
音無厩舎の3頭出し、池江厩舎も同様3頭出しとなかなか選択が難しい。
独立事項は1番武豊の2文字、2番語尾の半濁点、8番マル地、10番マル外、
11番頭文字の半濁点、13番馬名の最少文字数など。
オークスとの枠順比較、前のレースなどから、
中心には
◎ →
出来過ぎのような気もするが、ここから。
〇 12番レイデオロ
ルメール騎手のダービー初制覇にも期待。
▲ 1番ダンビュライト
この3頭を基本にしたい。
あとは、単勝人気をさらに伸ばしている
△ 18番アドミラブル
△ 10番ベストアプローチ
△ 6番サトノアーサー
複勝◎ 馬連◎→〇▲ ワイド◎→▲ 
3連複◎→〇▲→〇▲△ 

結果
1着〇12番レイデオロ     2人気
2着◎4番スワーヴリチャード 3人気
3着△18番アドミラブル    1人気
複勝4番200円 馬連4番12番1,620円  3連複4番12番18番2,220円  的中〜♪
オークスが終わるまでは、レイデオロのダービーだと考えていたが、ルメール藤沢厩舎の
ソウルスターリングが勝ったことで、揺らいでしまった。
今年の暮れにG1昇格するホープフルSの昨年の勝ち馬レイデオロが何も意味をなさない訳がないと思っていた。
それをG13連勝という形で突破するとは!?
これもしてやられたという感じ。
11番ペルシアンナ【イ】ト           唯一の頭文字半濁点
12番レ【イ】デオロ     藤沢【カズ】オ
13番カデナ         中竹【カズ】ヤ  最少3文字の馬名 ナカの反復
11番とは7文字目の接触がある。
11番13番の6文字目のナがガード。
さらに、起点左右3番目スト、4番目はダイ、6番目はインの大きなガードもある。
前後のRとも接触があることもチェック。
とはいえ、2連勝中のルメールと心中するのは怖かった。
他を探して、考えたのは、優先権7頭が7枠に分かれた意味。
皐月賞は1、2着とも優先権のない枠が使われた。
ならば、ダービーもそうなるはず。
優先権のないのは2枠のみ。
きっと、2枠は馬券になるだろうと思った。
オークス、皐月賞とダービーとの枠順を比較していて、
四位の位置の異常さが目に止まった。
皐月賞については、本文の通り。
オークス2枠4番ミスパンテール 四位洋文 昆貢
ダービー2枠3番昆貢
    2枠4番四位洋文
オークスの四位・昆コンビがダービーで2枠を形成している。
3番マイスタイル      横山典【ヒロ】 昆貢   父ハーツクライ
4番スワーヴリ【チャー】ド 四位【ヒロ】文 庄野靖志 父ハーツクライ
5番クリン【チャー】    藤岡佑介
2頭出走のハーツクライ産駒が同居している。
四位・藤岡の並びは前日京都メインでもあり、大穴をあけている。
人気の四位ならというところ。
そして、前のレース9R4番最少文字数エマノン。
この馬の母、父ともにスワーヴと同じ姉弟である。
姉が前のレースの同馬番で補佐することになるとは?!
ここまで揃うと買うしかないと思った。
複勝に全財産??(笑)
アドミラブルは1人気で青葉賞史上初のダービー馬と話題が先行し過ぎ、
信用しきれなかった。
音無厩舎の3連接触の端でもあり、左右ライトのガードもあるが、
前後Rでは良く分からない。
ホントは切るつもりだったが、当日の売れ方がハンパなく、残した。
まあ、それで3連複も取れたので、結果オーライだった。

ダービー過去


サイン競馬ランキング

ダービーの過去10年
2016年
1着2−3マカヒキ       川田将雅  友道康夫 3人気(4) 前走皐月賞2着
2着4−8サトノダイヤモンド  Cルメール 池江泰寿 2人気(3.8)  皐月賞3着
3着1−1ディーマジェスティ  蛯名正義 二ノ宮敬宇 1人気(3.5)  皐月賞1着
2015年
1着7−14ドゥラメンテ    Mデムーロ 堀宣行   1人気(1.9)  皐月賞1着
2着1−1サトノラーゼン   岩田康成  池江泰寿  5人気(18.7)  京都新聞杯1着
3着6−11サトノクラウン   Cルメール 堀宣行   3人気(6.3)  皐月賞6着
2014年
1着1−2ワンアンドオンリー  横山典弘 橋口弘次郎 3人気(5.6)   皐月賞4着
2着7−13イスラボニータ    蛯名正義 栗田博憲  1人気(2.7)  皐月賞1着
3着2−3マイネルフロスト   松岡正海 高木登   12人気(108)  青葉賞6着
2013年
1着1−1キズナ        武豊   佐々木晶三 1人気(2.9)   京都新聞杯1着
2着5−9エピファネイア    福永祐一 角居勝彦  3人気(6.1)  皐月賞2着
3着2−3アポロソニック    勝浦正樹 堀井雅広  8人気(61.6) 青葉賞2着
2012年
1着5−10ディープブリランテ 岩田康成 矢作芳人 3人気(8.5)   皐月賞3着
2着6−11フェノーメノ     蛯名正義 戸田博文 5人気(14.6)   青葉賞1着
3着7−14トーセンホマレボシ Cウィリアムズ 池江泰寿 7人気(15) 京都新聞杯1着 
2011年
1着3−5オルフェーヴル    池添謙一 池江泰寿 1人気(3)    皐月賞1着
2着1−1ウインバリアシオン  安藤勝己 松永昌博 10人気(24.4)  青葉賞1着
3着4−7ペルシャザール    後藤浩輝 松田国英 8人気(18.5)  皐月賞11着
2010年
1着1−1エイシンフラッシュ  内田博幸 藤原英昭 7人気(31.9)  皐月賞3着
2着4−8ローズキングダム   後藤浩輝 橋口弘次郎5人気(19.5)  皐月賞4着
3着4−7ヴィクトワールピサ  岩田康成 角居勝彦 1人気(2.1)   皐月賞1着
2009年
1着1−1ロジユニヴァース   横山典弘 萩原清  2人気(7.7)  皐月賞14着
2着6−12リーチザクラウン  武豊   橋口弘次郎5人気(9.9)  皐月賞13着
3着5−10アントニオバローズ 角田晃一 武田博  8人気(23.3) プリンシパルS2着
2008年
1着1−1ディープスカイ    四位洋文 昆貢   1人気(3.6)   NHKマイル1着
2着4−7スマイルジャック   小牧太  小桧山悟 12人気(49.2) 皐月賞9着
3着2−3ブラックシェル    武豊   松田国英 6人気(12)    皐月賞6着
2007年
1着2−3ウオッカ       四位洋文 角居勝彦 3人気(10.5)   桜花賞2着
2着8−16アサクサキングス  福永祐一 大久保龍志 14人気(84.5) NHKマイル11着
3着7−14アドマイヤオーラ  岩田康成 松田博資  4人気(12.7)  皐月賞4着

このように列挙してみると、どのような馬が来て、どのような繋がりがあるのか、解りやすい。
圧倒的に皐月賞4着内が馬券になっていると分かる。
皐月賞4着内というのは、要するに、優先出走権を持った馬ということである。
優先権は他に、青葉賞1、2着、プリンシパルS1着馬に与えられる。
地方馬にはこの他に京都新聞杯、NHKマイルの連対馬にも与えられる。
そう見ると、優先出走レース関連の馬ばかりで構成されていることが分かる。

それでも、2008年や9年のように3頭とも全く優先権を持たない馬で決まっている。
皐月賞下位からの巻き返しが狙える時があるということ。
こういう時もある一定の法則がある。
それは……→
これがある枠を中心に考える。
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス