草島たかよし式サイン競馬 2017優駿牝馬


サイン競馬ランキング

目覚めたのが12時お昼過ぎてました(T_T)
昨日は夕方4時前に会う約束をしてそれから、ずっと深夜12時近くまでに
なってしまいました(^-^;
帰ったら、当然日付が変わってますし…
控えめの飲み方にはしましたが、新聞を買って、検討しましたが、耐えられず……
ということで、書くことは色々あったのですが、時間がありません。
このレースはそんなに大きく荒れることはないでしょう。
◎ →
〇 3番フローレスマジック
▲ 2番ソウルスターリング
△ 16番アドマイヤミヤビ
☆ 10番ブラックスピーチ
ここまでにしておきます。
複勝◎ 馬連◎→〇▲☆△ ワイド☆→◎〇▲
(3連単◎〇→▲△☆マルチ)

結果
1着▲2番ソウルスターリング 1人気
2着 1番モズカッチャン   6人気
3着△16番アドマイヤミヤビ 2人気
◎14番リスグラシュー5着敗退で、失敗。
1枠と7枠はオークスで一番重要な桜花賞とフローラS上位馬の同居枠で、
どちらかは馬券になるはずとは思った。
それも、どちらのレースからも1〜3着馬が揃って出走。
フローラS1着桜花賞1人気3着の組んだ1枠。
桜花賞1、2着、フローラS2着の組んだのが7枠。
どちらも消えるなんて考えられない。
結局、先週ヴィクトリアMで1着したルメール‐アドマイヤのラインの
1、2人気馬の評価を下げてしまったのが敗因。
騎手のG1連勝なんて良くあることですよね。
リスグラシューはレーヌの6文字が独立でレーヌとグレースのガードで大丈夫と思ってしまった。
前日東西メインで3頭出しの矢作厩舎であり、勝負はこことも思っていたが、
メイSで1着だった。昨夜帰って来てレース結果を確認して、軸を変えるべきかとも思ったが、
そのままいってしまった。先週言っていたことの反対のことをしてしまうミス。
軸にはすべきではなかった。
そのメイSとオークスの共通性はその他に、
3枠バロンドゥフォールとオークス3枠ハローユニコーン
5枠プロフェット内田博幸とオークス5枠内田博幸、
メイS大外3番デムーロ2着、オークス大外3番もデムーロ。
なので、先週の優勝馬主でもあるアドマイヤミヤビ−デムーロは可能性低いと考えたが、3着滑り込み。
アドマイヤミヤビは、左右3頭では、
15番ヤマカツグレース  横山ノリヒ
16番ドマイヤミヤ  Mデムー
17番カリビアンゴールド 田中カツハル
後のレースにも田中勝春のカツのトライアングルにもなっていて、ここを軸にしたいくらいだった。
1着ソウルスターリングは、3頭で見ると
1番モズカッチャン   和田竜二  
2番ソウルスターリン Cルメール 
3番フローレスマジッ 戸崎圭太 だが、
5頭で見ると1番18番鮫島一歩、3番マジック4番昆ミツグ
で左右のブロックが良い。前後のガードもあり、10R2番にも和田がいる。
この和田が一番悩んだ部分。
10R1番ワキノヒビキ   和田竜二  11R1番モズカッチャン 和田竜二  12Rワトソンクリック
  2番ユキノアイオロス 和田正道
10R1枠がキノと和田が並び、10R11R12Rと頭文字ワが接触。
1枠を指示しているのだろうとは思ったが、1番までもとは思わなかった(^-^;
まあ、確かに隣に同一厩舎で接触があり、3頭出しの鮫島厩舎ではあったが、
ひとつの枠として使えばいいので、同枠ソウルが馬券になって終わりかと思った。
それでも、ソウルからなら難しくない馬券だった。
ミスがミスを呼ぶということ。
それがすべてでしょう。

草島たかよし式サイン競馬 2017ヴィクトリアマイル


サイン競馬ランキング

今日は風も強く、寒い札幌です。
雨の所もあるようですね。
さて、ヴィクトリアマイルです。
すんなり決まるとは思えないので、
人気馬のマイナス点を昨日の京王杯の枠順と比較して探っていきたいと思います。
京王杯
9番グランシルク    戸崎   3着
10番レッドファルクス デムーロ 1着
ヴィクトリアマイル
7番ルージュバック   戸崎
8番クイーンズリング  デムーロ
昨日と同じ騎手の接触が2か所あります。
戸崎・デムーロの接触は1着3着と両方使われたので、
7番8番の4枠は買いたくないです。
クラレントで穴をあけた岩田騎手はレッツゴーも1着した7枠なので、同様です。
もうひとつの同一騎手の接触は
京王杯
3番キャンベルジュニア ルメール
4番サトノアラジン   川田
ヴィクトリアマイル
4番ソルヴェイグ    川田
5番アドマイヤリード  ルメール
があります。
4番サトノは1人気、3番キャンベルは3人気で、両方沈んでいますので、
ヴィクトリアの4番5番はどちらかが、可能性あるかもしれません。
1人気で沈んだ同馬番4番川田とも思いますが、
5番アドマイヤリード  ルメール スガイ尚介
6番アスカビレン
のスカの同居のある3枠が有力か?
2人気岩田のレッツゴー、3人気戸崎のルージュ、5人気デムーロクイーンズが消えれば、
残りの人気馬は1人気ミッキー、4人気スマートの2頭。
どちらかは来そうです。
10番にデンコウアンジュの促音の独立。蛯名マサヨシで、12番ヨシダのガードがあり、
前後でもガードがあり、軸は、一応、ミッキーでいきます。
あとは、久しぶりに、並びの共通項から、
16番クリノラホール
17番リーサルウェポン
1番アットザシーサイド

3番ジュールポレール
4番ソルヴェイグ
5番アドマイヤリード
の並びの共通性
◎ 11番ミッキーアイル
〇 5番アドマイヤリード
☆ →
△ 4番ソルヴェイグ
△ 3番ジュールポレール
▲にスマートレイヤーやクイーンズをとも思ったが、結局消すことに。
ワイド◎→〇☆△4点、3連複◎〇→☆△3点、複勝☆1点

結果
1着 〇5番アドマイヤリード
2着  10番デンコウアンジュ
3着 △3番ジュールポレール
ワイド押さえ3番5番1,890円 的中
だが、押さえの300円のみ(T_T)で結果大きくマイナス…
最初に書いた原稿には10番も入れていただけに、勿体ない結果に。
それより、アドマイヤだと気付いたのに何故、アットザシーサイドの方の複勝にしたのか
自分自身で理解に苦しむ買い方となってしまった。
1番の複勝15倍に目がくらんでしまった結果だろう(^-^;
買った馬券を載せておく
   ↓
victoria.png

1着アドマイヤリードは
4番ソルヴェイグ   川田将雅  サメジマイッポ
5番アドマイヤリード Cルメール スガイ尚介
6番アスカビレン   池添謙一  中尾秀正
と、左右3頭で見ると分かりやすい。
さらに大きなサンドイッチ状態にもある。
両隣は6文字馬名。2頭隣はジュ、その外は3文字目音引き、更に外側は3文字目のトと騎手名のヒロが共通になっていて、強いガードと考える。
前後のレースでは、同一馬番との馬名に共通性がないかチェックすることも大事。
これは、前日メインとの枠順の比較と同様で、当日も他の裏開催メインなどとも比較してみてください。
前の10Rと馬名で2文字の共通項を持つのは、
10R3番ハッスルバッスル  11R3番ジュールボレール 4文字目8文字目がルで共通
10R5番スマートレイチェル 11R5番アドマイヤリード −トが共通
10R9番サクレエクスプレス 11Rオートクレール    クレが共通
偶然なのかもしれませんが、1、2、3着した2枠3枠5枠のみに馬名の共通項。
つまり、当該レースの両隣の接触ばかりでなく、前後のレースとの接触も大事ということ。
もちろん、当該レースでも接触があれば全て馬券になる訳ではありません。
その上で、12R5番はアチーヴ、アドマイヤと頭文字が接触しているうえに、4文字が独立。
つまり、5番は左右ばかりか、前後でも接触事項のある必勝パターンだったということです。
2着デンコウアンジュは左右だけだと何も特徴はないですが、
上記の理論でいくと、12Rエルフィンコープで、ンコが接触しています。
10R戸崎で、馬名5文字の独立、12Rも戸崎で、マル外が独立。
前後のガード、接触がとてもいいと思います。
3着ジュールポレールは3頭で見ると
2番スマ【ー】トレイアー
3番ジュ【ー】ルポレール   G1レーシング
4番ソルヴェイグ       G1レーシング
2枠は同一馬主の同居、2番とは3文字目の音引き。
先ほどの10Rとの接触があり、12R3番11R2番ともに武豊、
11R4番も川田将雅なので、語尾のカのトライアングルも成立している。
もうひとつ、おまけしておくと前日京都メインとの共通性。
都大路S
1枠クラリティシチー(父キングカメハメハ)2着
2枠ダノンメジャー(父ダイワメジャー) 1着
3枠ハクサンルドルフ(父アドマイヤムーン)
ヴィクトリアマイル
1枠アットザシーサイド(父キングカメハメハ)
2枠ソルヴェイグ(父ダイワメジャー)
3枠アドマイヤリード
と並んだ共通性。
前日1、2着1枠2枠ではなく、残った3枠だろうと思ったのも決め手のひとつ。
ちょっと今日はサービスしすぎかもしれません。
まだありますが、枠順を注意深く見ることが出来れば、
色々見えて来ますね。

草島たかよし式サイン競馬 2017NHKマイルカップ


サイン競馬ランキング

大混戦模様のようですね。
最低18番人気で70倍ほど。
まるで、ピンクカメオの900万馬券の時のようです。
あの時は17番人気が勝ち、2着に1番人気、3着に18番人気でした。
今年も同様なことが起こるのか?
そうなっても、まるで不思議の無いオッズですね。
出馬表も非常に難しい並びになっています。
正直言うと、全く分かりません(T_T)
とはいえ、G1ですから、何とか予想してみたい。
混戦でも、人気上位は比較的安定しています。
とすれば、1人気4人気が同枠の2枠はやはり馬券になるのではないかと思いますが…
3番アウトライアーズ   コジマ茂之
4番カラクレナイ      マツシタタケシ
シマが同居。
4番5番は2文字目のラ、2番3番は5文字目のイが接触
あと、気になるところは、
1番18番安田隆行が接触、
7番〜11番の仲間の連続接触。
15番〜17番のット
16番〜18番の語尾のト等々…
見れば見るほど分からない。
◎ →
〇 3番アウトライアーズ
▲ 10番ディバインコード
△ 1番モンドキャンノ
△ 15番レッドアンシェル
☆ 7番ジョーストリクトリ
としておこう。
新潟大賞典の7枠に同じくレッド庄野厩舎があるので、追加しました。
怪しいところが多すぎて、とても絞れない。
お遊びで少し買ってみよう。
枠連◎〇1点、馬連◎→▲☆1番の3点
ワイド◎→▲△☆の4点、〇→▲☆2点
と変更。

結果
1着 16番アエロリット   2人気
2着 14番リエノテソーロ  13人気
3着 6番ボンセルヴィーソ  6人気
全くの大ハズレ。というか、全く分かりませんでした。
1着アエロリットは2枠でなければこことも考えましたが、
穴目を入れるために切っちゃいました。
この時点で、大間違い(笑)
15番レッドアンシェルとは、ットばかりでなく、
トアも共通。
14番とは、ロリの共通もある。
周りを見れば、4番よりこちらの方が良かった。
前後では、10R16番が唯一5文字騎手。
12Rレースとの共通項もある。
14番リエノテソーロは分かりません。
12R14番も同一騎手ではありますが…
吉田隼人騎手はこの12Rでも同一馬番で穴をあけてますね。
何かあるのかも?
5番石川裕紀人6番松山弘平7番武豊の並びは10R16番石川裕紀人1番武豊2番松山弘平の並びと同一。
(ここも、松山騎手10Rでは1着でした。)
ここから、7番を選択してしまいましたが、これも間違いでしたね。

草島たかよし式サイン競馬 2017天皇賞(春)


サイン競馬ランキング

今日は風の強い少し荒れた天気の札幌です。
天皇賞ですが、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ちの様相。
キタサンは昨日のコメントにも書いた通り、左右の接触もあり、いいと思います。
サイドは1番2番がトラの接触。4番5番はミノルとスグルがブロック。
また、2枠は2頭のセン馬にはさまれた枠になってます。
ライスシャワーの天皇賞の時もライスの枠は2頭しかいない牝馬にはさまれた枠でした。
その時も2枠3番でした。
サトノダイヤモンドも両隣に接触があり、前後も悪くない。
キタサンの方が優位だとおもいますが、2頭とも切れないです。
3人気シャケトラも
17番ヤマカツライデン1番角居カツヒコ2番吉田カツミのカツが連続。
騎手もヒロノブとマナブが接触。ここもいいですよね。
4人気シュバルグランはアルの接触もあるが、
昨日の青葉賞2頭出しの友道厩舎が馬券にならず、ここでとも考えられる。
その青葉賞と同じ5枠にアドマイヤ。
昨日は同じ5枠だったので、アドマイヤウイナーを狙ったが何とか3着で、馬券に。
トーセンバジル藤原厩舎も青葉賞で同じ7枠で2着。
どうも、人気寄りしか見いだせない。
久々のかた〜い馬券かもしれないが、
チョイ荒れも期待してみよう。
◎ 3番キタサンブラック
〇 15番サトノダイヤモンド
▲ 6番シュバルグラン
△ 1番シャケトラ
☆ 
△ 7番アルバート
3連複◎〇→▲△☆4点、ワイド☆→◎1点
荒れることを期待してあれこれ買っても仕方ないので、
この5点で止めておく。

結果
1着◎3番キタサンブラック   1人気
2着▲6番シュヴァルグラン    4人気
3着〇15番サトノダイヤモンド 2人気
1番7番13番の馬券が余計でしたね。
切り切れないのがもどかしい結果でした。
3連複3番6番15番610円  的中
プラスにはなったというだけ。
下位の馬に若干期待しちゃったなぁ。
やっぱり、前日青葉賞で、人気2頭出しで馬券にならずの友道厩舎が連対確保
シュヴァルグランの評価をもっと上げるべきでした。
キタサンブラックは、両隣の接触やブロックばかりでなく、
前後でもトライアングルも出来ていた。
10R3番ハットラブ
11R2番酒井マナブ
12R3番田辺ヒロノブの語尾のブ
どうあっても来るパターンだろう。
シュヴァルグランは
同枠が浜中と福永でナカが接触。
7番とは馬名アルが共通。
ブロックはキタサン同様、4番5番の語尾のル、7番アルバートと8番吉田ハヤトの語尾のト。
前後では菱田裕二が枠をガード。
後に唯一マル地が5番で枠を示唆。
6番の前後は馬名2文字目のイがガード。
サトノダイヤモンドの8枠は前後で馬名と騎手のクロスのガードがある。
前日の青葉賞3着枠と全く同じタイプだ。
10R15番【マイ】ネル 16番幸英明
12R15番幸英明  16番ゲ【マイ】ン
案の定の3着となった。


草島たかよし式サイン競馬 2017青葉賞


サイン競馬ランキング

天皇賞前日です。
雨予報だと思っていたのが、爽やかに晴れ上がった札幌です。
桜も咲きましたので、お花見にでも行こうかと考えています。
天皇賞の枠順が出ましたが、
2枠3番にキタサンブラック
良くこんな枠番にいつも配置されるのか、不思議ですね。

本日は祝日でなかなかない土曜休。
青葉賞を考えてみます。
断然人気のアドミラブル。
9番がマル外で独立。
9番とは5文字目のフの接触。
11番とはブルと6文字目のルの接触があります。
軸はこの馬で仕方ないでしょう。
この馬からあれこれ買っても、どうしようもありません。
ワイド2点で遊びます。
◎ 10番アドミラブル
前後のレースから、この枠が面白い。
〇▲ →

結果
1着 ◎10番アドミラブル   1人気
2着  9番ベストアプローチ  4人気
3着 〇6番アドマイヤウイナー 8人気
ワイド6番10番460円   的中♪
アドミラブルが大丈夫と思ったら、馬連はどうでもよくなった。
ステイゴールド産駒が5枠6枠8枠にいて、6枠8枠はあまり良さそうには見えない。
前後を見るとクロスが発生している5枠が面白いと思った。
アドミラブルとアドマイヤは同一馬主のようなもの。
1、2着というのはなかなかない。それなら、ワイドしかない。
配当は安かったが2点買い。ほぼ1点に近い買い方ならいいかなと考えた。

草島たかよし式サイン競馬 2017マイラーズC・フローラS


サイン競馬ランキング

今週はG1はひと休み。
東西で2重賞が行われます。
毎週G1が続くのも疲れますので、僕もお休みしたいのですが、
ついつい、出馬表とにらめっこしてしまいますね(笑)
マイラーズC
正直絞れてないですが、
中心は
◎ →
〇 8番ブラックスピネル
▲ 11番イスラボニータ
△ 3番フィエロ
△ 5番ダッシングブレイズ
3連複◎→〇▲△を少々。◎〇▲なら元返し(^-^;
フローラS
5番14番の組合せだけが10倍以下。
それ以降はあまり差はありません。
この組合せで決まっちゃったら仕方ない。
◎ →
〇 9番アドマイヤローザ
▲ 2番ザクイーン
☆ 7番ヤマカツグレース
△ 1番モズカッチャン
◎→〇▲△☆馬連ワイド少々
複勝▲ ワイド▲☆

結果
マイラーズC
1着▲11番イスラボニータ  2人気
2着◎4番エアスピネル    1人気
3着 6番ヤングマンパワー  7人気
エアスピネルは主役になかなかなれそうにない馬なのか、G1でも3着止まり。
イスラボニータは皐月賞を勝ち、ダービーやマイルCSなど2着と連対。
その差なのかなあ〜。
桜花賞も、土曜メインでも人気を背負って負けたルメールで当然でした。
11頭立ての少頭数なのに絞れなかったということは、全く読めていなかったということ。
3連複しか買っていないので、全くのハズレでした。

フローラS
1着△1番モズカッチャン    12人気
2着☆7番ヤマカツグレース   10人気
3着◎14番フローレスマジック  2人気
このレースも正直9番か14番か悩んでの14番の◎
マイラーズもフローラもそれほど自信のある◎ではなく、
G1の谷間ということもあり、複勝さえ買っていない。
結局、馬連も買わなかった(^-^;
実際に買った馬券は
    ↓
flora2017.png
これだけである。
しかし、配当が良かった。
ワイド1番14番2,640円 7番14番1,800円 3連複1番7番14番35,940円 的中〜♪
選んだ穴目が正解。まあ、運が良かった。
最初は最内と大外の接触ピ【スカ】とモ【スカ】が目についた。
1番の両隣は池添でガードもあり、1番ワダで、17番にコワタもいる。
10Rに独立もあって、1番からとも思ったが、2番を見ると、
10Rスガイ、11R1番モズカ、12Rベバスカでスカのトライアングルが成立。
ここでも迷ってしまったのが、もったいない。
結局、2番の複勝を選択。
7番は8番ドリームマジックとツクの仲間の同居枠。
前後を見ると、ここも馬名の語尾のトでトライアングルが成立。
穴をあけるなら、1枠か4枠だと思った。
でも、今日は上手く嵌っただけのラッキー馬券ですね。


草島たかよし式サイン競馬 2017皐月賞


サイン競馬ランキング

週中は、雪が舞うような寒さでしたが、昨日からは20℃近くまで
気温が上がり、暑いくらいの陽気になりました(^-^)
今週は皐月賞ですが、一様に低レベルの牡馬陣といわれ、牝馬の参戦と、
混戦模様となっていますね。
とはいえ、上位人気馬が、全て消えて、超大穴とまではどうでしょう?
ヴィクトリーの勝ったレースでも、2番人気が3着。
サニーブライアンの時も10番人気前後でした。(このRはサニー軸で的中でした♪)
ファンディーナが単勝人気は抜けていますが、複勝では2〜3人気とさほど開きはありません。
連勝でも4番カデナとは対して変わりなく、上位3頭は横並びと思っていいと思います。
同枠に組んだ、7番も優先出走権を持っている訳でなく、割引が必要とは思います。
3人気までが一頭も絡まないということも考えづらく、
かなり、難しいレースになっています。
一応、中心に決めたのは、中位人気の一頭。
ここを軸に馬券を買ってみたいと思います。
◎ →
自信は先週のレーヌミノルほど、ないです。
〇 2番スワーヴリチャード
▲ 8番ファンディーナ
△ 17番ウインブライト
△ 11番アルアイン
注 9番プラチナヴォイス
注 1番マイスタイル
◎の単複、◎からのワイド、3連複を少々

結果
1着 △11番アルアイン    9番人気
2着  7番ペルシアンナイト  4番人気
3着  10番ダンビュライト  12番人気
アルアインを選べても、2着ペルシアンナイトあるいは、
3着ダンビュライトを選べないのではどうにもならない。
混戦と言われるレース同様、枠順も混戦で、どれも決め手が乏しく、難しかった。
◎サトノアレスは朝日杯と同じく、アメリカズカップの隣に配置され、
両隣の語尾の独立、12番は語尾の半濁音、14番は促音がポイントかもしれないと
思ったが、充分とは言えず、自信の持てないレースとなった。
出馬表検討ではあちこちペンでチェックしていくのだが、時間をかけた割に、
キレイなままの出馬表で終わってしまった。
いずれにしても、1着の6枠、2着4枠の枠を構成する4頭には優先出走権がない。
優先権を持たない同士の枠の決着とは?
何のための優先権なのか、正直納得のいかない結果になった。
1着アルアインは6枠が松山と松若の松の同居、馬名頭文字のアの接触がある。
12番にカップの語尾の独立、10番は騎手武豊の2文字が独立している。
12番アメリカズカップ、13番藤沢カズオで、カズのブロックはあるが、
その他は特に列記するところがない。
前後のレースでは10Rが武豊で、11R隣ににも武豊、12Rは吉田豊で、
豊がトライアングルで並びアルアインをガード。
これが一番のポイントだったかも。
4枠はペルシアンとファンディーナでアンが同居。
8番が唯一の牝馬で、馬名5文字目のイのガードがある。
8番9番の馬名頭文字のフ、騎手名イワタとワダのワタがブロックなのだろう。

草島たかよし式サイン競馬 2017桜花賞


サイン競馬ランキング

春ですねぇ〜♪
あちこちから、桜の便りが聞こえてきます(^-^)
北海道はまだまだ先だけど…(^-^;
JRAのデータ分析記事を久々に見てみました。
桜花賞の1人気は1.4倍以内なら、高確率で優勝するらしいですが、
1.5倍〜1.9倍の場合、全く馬券にも絡まないそうです。
ソウルスターリングは昨日は1.2倍ほどでしたが、現在、1.6倍まで下がってしまいました。
昨年のメジャーエンブレム ルメールもこの危険オッズでした。
今年もでしょうか?
ルメール騎手2年連続、人気を裏切るのか?
JRAの広報のデータですから、危険なのかもしれませんが、
こういうデータとは破られるためにあるもの。
まして、ルメールが2年連続でとは考えにくい。
ただし、ちょっと、割り引いて考えてもいいかもしれませんね。
こういうときは、穴馬が来ます。
穴-穴-上位人気という組合せかもしれません。
そこで、狙ってみたいのは人気を落としている一頭
前後左右にキレイにガードがあり、サンドイッチ状態も良い。
◎ →
〇 6番リスグラシュー
▲ 14番ソウルスターリング
△ 8番カラクレナイ
△ 2番ライジングリーズン
△ 18番カワキタエンカ
△ 15番アドマイヤミヤビも入れておこうか
全部買うつもりはないが
◎複勝 ワイド◎→〇▲ 3連複◎〇2頭軸→▲△5点

結果
1着 ◎10番レーヌミノル    8人気
2着 〇6番リスグラシュー   3人気
3着 ▲14番ソウルスターリング 1人気
単勝10番4,080円(少しだけ)複勝10番480円 馬連6番10番17,000円
ワイド6番10番2,760円 10番14番880円 3連複6番10番14番5,020円  的中〜♪
残念ながら、3連単は買っていないが複勝と馬連で、それ以上の成果が上がった(^-^)
5枠は丸山ゲンキと池添ケンイチのケンの同居枠。
10番と11番は謙一と勝一の一が接触。8番ゴールドケープの語尾の半濁点が独立。
11番12番の馬名のアと8番9番ケープとヒロノブの語尾のフがブロック。
4番ジューヌエコール
5番ベルカプリ    西浦勝一

10番レーヌミノル
11番アロンザモナ  西浦勝一
の並びの共通性。
4番エコールと9番ゴールドの共通。
前の10Rティーハ【ーフ】で西浦勝一
後の12Rもタガノ【ゴールド】で丸山元気
ほぼ完璧なガードだと思う。
もうひとつ、11Rは9番10番11番に丸山元気、池添謙一、幸英明が並び、
12Rは9番10番11番に幸英明、丸山元気、池添謙一の並びの共通性まである。
関係ないと思われるなら、3着だった14、15のルメール、デムーロと同じ並びが、
同様に、12R5、6にあることも確認。

草島たかよし式サイン競馬 2017大阪杯(新設G1)


サイン競馬ランキング

大阪杯がG1に昇格したのだそうです。
確かに、春はクラシックRで賑わっていて、古馬には安田記念を除くと
春天と宝塚記念くらいしかなかったですから、秋の天皇賞、JC、有馬のような流れで、
体系的には一応整ったというところなのでしょう。
G1ということで、ステップRも創設されました。
中山記念と金鯱賞の2レースの1着馬に優先出走権が与えられています。
その中山記念で優先権をとったのはネオリアリズム。
今回は見送りです。
金鯱賞は1着〜3着まで揃い踏み。
金鯱賞は、昨年暮れの12月にも施行され、また今年大阪杯のステップとして、
3月に移設されました。
そして同じ馬が勝っています。
同じ馬が勝って、上位馬が揃って出走という意味は大きいのではないかと考えます。
少なくとも、1着〜3着した3頭のいずれかは馬券対象とみていいのではないでしょうか?
ヤマカツエースは本来、好きなタイプの馬ではないのですが、ここは期待してみたいと思います。
1枠7枠が女性馬主で8枠をガードしているのも良いと思う。
12番アンビシャ【ス】
13番ヤ【マカ】ツエー【ス】
14番【マカ】ヒキ
マカの同居になっている。
マカヒキの方なら、仕方ない。

断然人気のキタサンブラックですが、
同枠に仲間の馬サクラア【ンプ】ルールを従えて、
隣の接触が川田ユウガと武ユタカがあり、両サイドが、
3番4番が【スス】6番7番【クラ】の接触するブロックまであり、
馬券にならないとは考えにくい。
なので、
◎ 5番キタサンブラック
〇 13番ヤマカツエース
として、3頭目のポイントは
▲ →
と思う。
△ 12番アンビシャス
来週以降にそなえ、こんなところであまり大賭けしたくないので、
馬連◎〇  3連複◎〇 →▲△4点、複勝は〇を少し買ってみる。

結果
1着 ◎5番キタサンブラック
2着  4番ステファノス
3着 〇13番ヤマカツエース
軸2頭に絞り込めたのに、2着ステファノスを逃す大失態(T_T)
複勝 13番280円 的中
も連勝はハズレ。利益は出たが、儲かったぁ〜とは言えない(^-^;
もう一頭は京都記念の出走馬だと思い込んでいた。
1着キタサンは当然として、
2着ステファノスは、
3番スズカデヴィアスと頭文字と語尾のススの仲間の馬が同居
5番とは騎手の語尾カが接触。
2番とはカワダとイワタの仲間の騎手。
6番とは4文字目のアが共通。
5番6番のンフがブロック。
また、3枠は前後のRでメイショウの冠がガードしていて、
前の10R4番メイショウ、12R4番馬主の石川のイシに高松宮記念同様にガードされていた。
こんなところを見逃すなんて勿体なかった(T_T)

草島たかよし式サイン競馬 2017高松宮記念


サイン競馬ランキング

今週から連続G1の始まりです。
一発目の高松宮記念。
これを書きながら、まだ頭を悩ませています。
どこからどう買うか。
軸さえ悩みますね。
まず、
18番ワンスインナムーン
1番ティーハーフ
2番フィエロ(4文字)

7番レッドファルクス デムーロ
8番バクシンテイオー
9番シュウジ(4文字)
の並びの共通性
10番クリスマス   フジオカ
11番スノードラゴン
12番メラグラーナ  トザキ
13番ソルヴェイグ(ダイワメジャー)

14番トーキングドラム フジオカ
15番ヒルノデイバロー    コン貢
16番トウショウピスト
17番ナックビーナス(ダイワメジャー)
の並びの共通性など
がありますが、これというのが……
まずこの中から、
◎ →
〇 9番シュウジ
穴目として
△15番ヒルノデイバロー
△17番ナックビーナス
△2番フィエロ
△13番ソルヴェイグ
とします。
◎〇→△のワイド、3連複で遊ぶ。

結果
1着 6番セイウンコウセイ
2着 3番レッツゴードンキ
3着◎7番レッドファルクス
今回は確実だろうという軸ではなかったので、複勝も買っていませんでした。
2番〜7番へ続く馬名のキレイな並びがポイントだろうとは思った。
フ【ィ】エロ
【レッ】ツゴードンキ
ラ【イ】ンスピリット
【レッ】ドアリオン
セ【イ】ウンコウセイ
【レッ】ドファルクス
3番か7番はどちらかは使うだろうということ。
でも、その他の馬も怪しい。
並びの共通項から、レッドファルクスが人気でも一番無難な選択だろうと思えた。
でもここからだと、相手を選ぶのがさらに難しかった。
軸に自信がなく、ワイドしか買えないような状況で、
上位人気同士を買っても仕方ないと考え、穴目へ流すことに。
その辺はオッズから、6位7位の13と2とその後ろからでしたが、
結局、それより上位の馬で決まってしまいました。
1着セイウンコウセイは、レッドファルクスの並びの共通項の延長で、
17番ナックビーナス  石川ユキト
18番ワンスインナムーン

6番セイウンコウセイ ミユキ
7番レッドファルクス デムーロ
の並びの共通性があり、
17番から6番の隣の5番7番へは2文字目のッの共通項がある。
この3枠は前後のRで、丹内、藤岡のクロスするガードがある。
これが一番のポイントかも。
やはり、クロスのガードは強力だった。
レッツゴードンキは
1番ティハーフ    国分ユウサク
2番フィエロ
3番レッツゴードンキ

9番シュウジ     川田ユウガ
10番クリスマス   フジオカ
11番スノードラゴン
の並びの共通性から、11番と4番のトラの共通項がある。
前後のメイショウとイシバシのガードがあり、
10Rと当該Rで、2文字目のイのトライアングルになっている。
今回はあれこれポイントが多すぎて、中心馬を決めかねた。
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス